不動産・相続のコンサルタントの湘南財産パ-トナーズ

不動産相続コンサルティング

相続のことなら湘南財産パートナーズにお任せください。

相続の最良の手段は、不動産を相続する・させる前に不動産の調査や分割対策・納税対策・活用・資産組換などの対策をすることです。

相続をする前にご相談いただくと多くの対策方法をご提案することができます。
財産を相続する可能性がある方、ぜひ一度ご相談ください。

相続対策例

相続の対策のうち、支出を抑える有効な3つの対策をご紹介致します。
相続が発生する前にできる対策が多々ございます。

遺産分割対策

  1. 遺言書の作成
    法的効力を持った遺言は法定相続人の権利よりも優先されます。遺留分の侵害などの例外を除き、遺言書があれば相続はスムーズに行えます。

  2. 贈与による遺産分割
    贈与税率を加味し、相続時精算課税制度の利用するなど、より贈与税を少なく抑えて相続を進められる有効な方法です。

  3. 民事信託(家族信託)の活用
    承継させる人が決まっているなら、その承継者に財産を信託して、相続財産から分離させることができます。

節税対策

  1. 課税価格を下げる
    所有不動産の用途・仕様変更などで課税価格を下げる方法があります。
  2. 優遇制度を活用
    生命保険などへ加入し、非課税枠をつかって支払う税金を抑えたり、死亡退職金の非課税枠を活用する方法などがあります。

納税対策

  1. 事業用資産の贈与
    収益が出るアパートなどを子に贈与することにより、家賃収入などで増えていく資産を将来的に抑え、子にとっては納税資金源にもなる計画性のある方法です。

  2. 物納
    現在、物納をするには厳しい条件がありますので、事前に換金すべきかどうかを調査して検討する必要があります。

  3. 生命保険の加入
    死亡保障でまとまった現金を遺族に残すことができます。


▲ページトップに戻る